年代による薄毛や抜け毛の特徴と対策とは?

20代からの育毛剤

 

若はげという言葉をよく耳にしますが、近年の成人男性はかなり若い年齢、20代でも薄毛や抜け毛に悩む人が多くなっています。

 

 

 

おでこから進行していくM字型はげ、頭頂部から薄くなっていくタイプなど薄毛にも様々なタイプがありますが、20代という若さで薄毛が顕著になってくると、この先の人生に自信が持てなくなるものです。

 

 

 

まだ結婚前の若さだというのにはげてしまい、この先女性に相手にされず結婚ができなくなってしまうのではないか、職場で若はげだと陰で馬鹿にされていないかなどといった不安が頭をよぎります。

 

 

 

20代という若さで薄毛に悩んでしまう人は、少し髪の毛が薄くなったと気がついても、まだ若いからと育毛剤などに頼らず放っておいたのが原因なのです。

 

 

薄毛は成人男性であれば年代を問わず発生する可能性があります。少しでも抜け毛が増えた、髪の毛が薄くなったり弱くなったと感じたら、その時点で育毛剤などでケアをして薄毛の進行を妨げる必要があります。

 

20代の薄毛

 

20代という若さで薄毛になってしまう主な原因は男性ホルモンと頭皮の血行不良の2つが挙げられます。

 

 

 

男性ホルモンは年齢を重ねるうちに髪の毛の生え変わりのサイクルを変化させ、生え変わりの抜け毛の方が多くなってしまい、新しく生える毛を少なくさせて薄毛を進行させてしまいます。

 

 

 

これがいわゆるAGA、男性型脱毛症と呼ばれるものですが、20代という若さでも多くの男性が悩んでいる症状です。また、血行不良は毛髪の生育に影響を与えるので、食生活やストレス、睡眠時間などをしっかり管理することが大事です。

 

20代、30代、40代、50代の年齢別の薄毛育毛ケアについて

 

育毛剤には自然由来の成分で頭皮の血行を改善し、潤いを与えフケやかゆみを抑えてくれる効果があるので、若いうちから育毛剤を使用することをおすすめします。

 

 

 

現在ネット通販を中心に売り上げを伸ばしているチャップアップやイクオス、薬用ポリピュアなどの育毛剤は、薄毛が気になりだした、または薄毛になる前に対策を立てたいと考える20代の若い男性に合った育毛剤だと言えるでしょう。

 

 

 

これらの育毛剤にはAGAを引き起こす男性ホルモンを抑制する成分や、頭皮の血行不良を改善してくれる自然由来の成分などを多く含んでいるので、男性型の薄毛には効果があります。

 

 

 

薄毛で悩んでいる人も、将来薄毛にはなりたくないと考えている人も、20代という若さだと安心して何もしないでいるのは危険です。育毛剤で毎日の頭皮ケアは欠かさず行うようにしましょう。

 

 

 

 

30代の育毛剤ケア

 

薄毛や抜け毛など男性型脱毛症、いわゆるAGAについて悩み始める男性が最も多い年代が30代です。

 

 

 

30代男性は仕事も忙しくなってきたり、家庭を持ったりでストレスが溜まりやすくなっており、さらにAGAを進行させる男性ホルモンも20代の時よりも活発になってくるため、薄毛が進行しやすくなります。

 

 

 

生活環境や頭皮の状況、男性ホルモンなど薄毛の原因となるものに対して何もしないと、薄毛はどんどん進行してしまいます。

 

 

 

生活環境は自分で見直ししっかりと管理し続けることが頭皮にも自信の健康にも大事で、頭皮の血流改善や男性ホルモンの対処などは育毛剤を使用することが重要です。

 

30代の薄毛対策

 

まず頭皮の血行改善ですが、これはもちろん年代や性別を問わず必要なことなのですが、ストレスが溜まりやすく生活習慣が乱れやすい30代の男性は最も注意が必要です。

 

 

 

頭皮のマッサージをすれば多少の血行改善は認められるのですが、育毛剤を使用して頭皮をマッサージすることでより血行促進につながり、抜け毛を減らしてくれる効果が期待できます。

 

 

 

育毛剤には血行を改善してくれる成分だけではなく、今ある毛髪に栄養を与えてコシを強くしてくれ、頭皮に潤いを与えてフケやかゆみを防ぐ効果もあるからです。

 

 

 

また、育毛剤には男性型脱毛症の原因となる男性ホルモン、ジヒドロテストステロンを抑制してくれる成分も配合されているものがありますので、さらに将来的な薄毛の進行を遅らせてくれる効果もあります。

 

20代、30代、40代、50代の年齢別の薄毛育毛ケアについて

 

現在ネット通販を中心に30代男性に人気のある育毛剤はチャップアップ、ブブカ、イクオス、ポリピュアEXなどがあり、これらの育毛剤には男性型脱毛症の2大要因である頭皮の血流と男性ホルモン、どちらにも効果がある成分が多く含まれています。

 

 

 

自分は敏感肌だという人や、染毛をしているので髪の毛の変色などが気になるという人は、チャップアップやイクオスなどのアルコールフリーの育毛剤を使用すると肌や髪の毛の影響も少なく済むでしょう。

 

 

 

さらに現在では前頭部から薄毛になって行くM字型はげに特化したプランテルと言う育毛剤も発売されており、人気となっています。これらの育毛剤のほとんどはネット通販ではありますが、効果が無かったら返金対応をするという保障があるため、安心して試すことができます。

 

 

 

仕事に家庭にと忙しい30代男性は、育毛剤を使った毎日の頭皮マッサージで効率良く薄毛の進行を抑制することをおすすめします。

 

 

 

40代の育毛剤選び

 

多くの男性にとって40代は薄毛が気になり始める年代です。AGA(男性型脱毛症)による薄毛は若い年代にも見られますが、40代ともなると男性ホルモンのバランスが崩れやすく、そのせいで発毛のサイクルまで乱れやすくなっているので、若いころより薄毛になりやすくなっています。

 

 

 

育毛を成功させるには、乱れた発毛サイクルを正常に戻すことが必要ですので、その観点で育毛剤の効果や特徴を調べることが、40代の育毛剤選びには欠かせません。

 

 

 

同じAGAを原因とする薄毛でも、20〜30代と比べると、40代の薄毛は状態が異なっている可能性が高いです。40代ともなると頭皮も老化が始まっているので、肌が乾燥しやすくシワができやすくなっています。

 

 

 

ですので、頭皮の代謝力を補うことのできる、頭皮の保湿、血行促進、栄養補給効果のある育毛剤がおすすめです。育毛剤もメーカーによって配合成分はさまざまですので、疑問に思ったらメーカーに直接問い合わせるのもありでしょう。

 

20代、30代、40代、50代の年齢別の薄毛育毛ケアについて

 

もちろん同じ年齢でも人によって頭皮の状態はさまざまですので、自分の頭皮や薄毛の状態をちゃんと把握しておくことが適切な育毛剤選びの前提になります。

 

 

 

たとえば、M字ハゲと頭頂部が薄くなるO字型では、育毛剤を付ける場所が異なるため、使いやすさや使いづらさが変わってきます。

 

 

 

せっかく効果の高い育毛剤でも使いづらいことには続けられないので、自分の薄毛の箇所に合う育毛剤であるかもしっかり調べておきましょう。

 

育毛剤を選ぶポイント

 

また、高い効果を謳う育毛剤ともなるとその値段もかなりのものになりますので、自分が無理せず続けられる価格帯の商品を選ぶことが大切です。

 

 

 

育毛剤の効果が表れ始めるのは、発毛サイクルによって髪が生え替わる3カ月後ぐらいからですから、最低でも3カ月は使用を継続できないと大きな効果は望めません。それを考えると、最初から定期コースのある育毛剤を購読するのも良い方法です。

 

 

 

定期コースだと毎回単品で購入するより割安ですし、定期コースを設けるような育毛剤には、途中で自分には合わないと思ったら開封済みでも全額返金してくれる保証があるものもあります。

 

 

 

たとえば、チャップアップには発送から30日以内、イクオスには購入日から45日以内の全額返金保証があります。

 

 

 

これらは無添加で安全性の高い育毛剤ではありますが、人によってはアレルギーなどで肌に合わないということもあるので、全額返金保証はうれしい制度です。

 

 

また、どちらもメールや電話で育毛についてサポートを受けられるので、本格的な育毛が初めてという方におすすめです。

 

 

50代からの薄毛治療

 

50代ともなると、若いころより疲れやすく、体が衰え始めていることに気づく人も多いことでしょう。それが老化現象なのですが、外見的にも目に見えて年齢の影響が表われてきます。

 

 

 

ですので、薄毛が気になり始めても「もう年だから仕方ない」とあきらめて対策を取らない人も多いのです。しかし、50代だからといって薄毛の改善をあきらめる必要はありません。

 

 

 

最近では50代から薄毛治療を始めて成功させている人も増えています。育毛剤もどんどん進化しているので、多忙な50代の方でも生活に取り入れやすいものがきっと見つかるはずです。育毛剤で髪を取り戻し、薄毛の悩みを解消しましょう。

 

 

 

ただ、育毛剤の種類は豊富で、どれを選べばよいか初めての方にはわかりにくいのも確かです。

 

20代、30代、40代、50代の年齢別の薄毛育毛ケアについて

 

薄毛や頭皮の状態によっても適した育毛剤は変わってくるので、まずは自分の薄毛がどういう状態かを把握することが大切ですが、50代であれば体の内部までしっかり栄養が届くことを条件に育毛剤を探してみましょう。

 

 

 

頭皮も老化が進行すると、皮膚に柔軟性がなくなり、乾燥しやすく血行が悪くなってしまいます。頭皮の状態を健康に保つには髪に必要な栄養をしっかり摂取することが必要ですが、若いころと比べると食事から摂取する栄養が髪にまで届きにくくなっているものです。

 

 

 

ですので、食事から摂取する栄養を補えるような医薬部外品の育毛剤を選ぶことをおすすめします。

 

 

 

医薬部外品の育毛剤ともなるとそれなりの値段はしますが、どこでも手軽に買えるような安い育毛剤では、育毛効果がないばかりか副作用が表われる心配もありますので、多少高くてもその心配のない安全なものを選ぶことが大切です。

 

50代におすすめできる育毛剤

 

では、50代におすすめできる育毛剤を紹介します。育毛剤を初めて使用するという50代の方におすすめなのが、チャップアップです。

 

 

 

チャップアップには数十種類の有効成分が配合されており、栄養補給、血行促進、細胞の活性化、消炎などの効果が期待できます。無添加で無香料の育毛剤ですから、副作用の心配もなく生活の邪魔にもなりません。

 

 

 

50代以上のユーザーからの口コミでも評価が高い育毛剤ですので、配合成分や安全性には何の問題もありません。

 

 

 

ただ、同じ育毛剤でも人によって効果の表れやすさは異なりますので、自分に合ったものが見つかるまでいくつか試すことも必要になるでしょう。

 

 

 

ただ、塗ればすぐに髪が生えてくるような即効性はどんな育毛剤にもありませんので、ある程度の期間は同じものを続けることが大切です。

 

 

 

育毛剤ランキング 男性